長期間使わない家は|今が旬のシェアハウスを経営するタイミング

今が旬のシェアハウスを経営するタイミング

集合住宅模型

長期間使わない家は

マネー

そのままではもったいない

リロケーションという言葉をご存知でしょうか。日本ではまだなじみが薄いのですが、徐々に利用される方が増加しているサービスです。アメリカなどでは一般的で、長期不在にする自宅を他人に貸し出すことを指します。日本でも、海外赴任や国内遠隔地への赴任などで自宅を長期間不在にする場合に、このリロケーションというシステムを使って貸し出すことができるのです。また、さまざまな事情で不動産を取得した場合にも、そこに居住しないのであればこのシステムを使うことが可能です。現在は、リロケーションを業務として行う企業が増えてきており、様々な付帯サービスが充実してきています。特に、海外赴任のサポートサービスなどはリロケーションと関連するものですので、使い勝手に優れています。

今までとの違いは

以前は、長期間空き家になった場合は、そのままにしておく方がほとんどでした。住宅ローンがある場合であっても、見知らぬ他人に貸し出して家賃収入を得るよりも、そのままにしておく方が良いと思う方が多かったのです。もちろん、安全に貸し出して家賃収入を得られるに越したことはありませんので、現在のリロケーションというサービスはとても優れているサービスと言えます。仕組みは、貸したい人と借りたい人の仲介です。それが、賃貸用の物件であれば通常の不動産業者が扱いますが、帰ってきたときには自分で住むという前提がある物件ですので、その点に特化したサービスが必要とされていました。入居者には、賃貸物件よりもきれいに使ってくれる人が必要であるなど、それらの専門的な要望を満たしてくれるのが、リロケーションサービスなのです。