ワンルームマンション投資|今が旬のシェアハウスを経営するタイミング

今が旬のシェアハウスを経営するタイミング

集合住宅模型

ワンルームマンション投資

マンション

人気の地域

投資用マンションの人気は衰えるところを知りませんが、首都圏で新たに供給される新築物件の多いエリアは変化しています。都心の地域に新たに物件を建築する土地が少ないのもありますが、投資用マンション人気により一戸当たりの広さや単価が上昇しているため、家賃に対する利回りは都心ではやや低下しています。この1、2年は23区内でも通勤や通学に便利な交通の便が良い周辺の区に供給が増えています。もともとマンション建設をしやすい広さのある土地が用意しやすいエリアで、下町であったり街並みが古かったりして街としての魅力に注目されてなかったのが、便利さと家賃の手頃さと暮らしやすさ等から注目されだした事が大きな理由でしょう。

人気エリアのポイント

古い街並みのエリアでも、投資用マンションの住民が流行を持ち込むことによって街の雰囲気が変わり、そのエリア自体がトレンドに沿った地域になることも珍しくありません。職場や学校に近いに越したことはありませんが、ある程度の時間以内で移動できる範囲であれば家賃や物価の安さ、治安や環境の良さは大きなアドバンテージとなります。首都圏の電車の相互乗り入れや、新駅の増設等によって格段に利便性の上がる地域も出てくるため、現在の交通の便だけでなく、将来的な予想もある程度必要となります。周辺にスーパーやコンビニの少ない地域でも、近いうちに買い物できる施設が出来るとなれば付加価値は上がります。そうした穴場的な投資用マンションを購入できれば家賃収入の利回りも期待できるでしょう。