今が旬のシェアハウスを経営するタイミング

貯金箱

人気の不労収入

セミナー

最近ではOLやサラリーマンにも注目されている不動産投資は、不労収入を得る方法として人気があります。しかし、きちんとしたリスク回避を学んでいないと失敗する可能性も高くなります。不動産投資セミナーを利用することで、投資に必要な知識を学ぶことができ、初心者でも安心して始めることができます。

もっと読む

ワンルームマンション投資

マンション

立地が重要な投資用マンションですが、最近首都圏では都心よりも周辺の区へ供給の中心が移っています。交通至便な下町エリアやマンション建設用地が多く残るエリアは、新しい住民が増えることで街自体の魅力も増す例が出ています。

もっと読む

空き家の活用法

メンズ

使用していない家や部屋を使って賃貸経営をするさいの選択肢として、シェアハウスがあります。通常、貸す場合には1つの家または部屋を1人の契約者に対して貸し付けますが、シェアハウスの場合には複数の人に貸し付けるものになります。シェアハウスでは、入居者の独自スペースとしては各部屋となり、リビング、キッチン、バス、トイレなどの設備は共有するというものです。経営する側にとっては1つの部屋にキッチン・トイレ・バスといった生活必需の設備を用意する必要がなくその分経費がかからず、賃料を減らすことができるといったメリットがあり、また入居者にとっても少ない賃料で居住することができるといったメリットがあるなど、建物を有効活用する上で有益な賃貸経営の方法のひとつとなっています。

シェアハウスのメリットとしては、入居者を集めやすく経営におけるリスクを軽減することができるという点です。シェアハウスでは1つの部屋に対して生活必需の設備を用意する必要がないため設備投資に掛かる費用が軽減できます。特に通常の賃貸では入退去時に原状回復としてすべての場所を修繕する必要がありますが、シェアハウスでは、貸し付けている部屋だけを修繕するだけで良いので負担が軽減できます。また入居する側にとっても相場より低い金額で借りる事ができ、気の合った仲間と同居する状態となるので一人暮らしに不安がある人でも安心して住むことができます。一方で複数の入居者から家賃収入を得られるので収益性が高まることも期待できます。

長期間使わない家は

マネー

リロケーションは、海外赴任や国内遠隔地への赴任などで、自宅を長期間留守にする方へ向けたサービスです。入居者の選考もしっかりしており、安全に家賃収入を得ることができるため、住宅ローンの返済中であっても安心です。

もっと読む